VR動画

AVVRで唯一!4K高画質を実装!
その圧倒的な没入感を是非。

AVVRで唯一!4K高画質を実装!
その圧倒的な没入感を是非。

VR動画 VR動画

VRとは

ヴァーチャルリアリティ(Virtual Reality)の頭文字をとってVR。
SODが提供するVRは、通常の平面動画ではなく、
立体的な3D動画をメインとしたAV動画。
あのAV女優のおっぱいや吐息をリアルに疑似体験できちゃいます!
ヘッドフォンやイヤホンを付けると、美女達のキスとその音は、まさに耳元でささやかれている感覚を楽しめます。

始めて体験する方は、SODオリジナルのVRゴーグルもご用意。低価格でお試し体験をすることができますよ。
さあ、あなたもAVVRデビューしてみませんか?

AVVR新作一覧
(2018年9月21日更新)

SODアダルトVR動画5タイトル・KMPVR動画3タイトル追加

登録 登録

AVVR作品
(9月無料見放題)「20本」一覧

SODプライム会員なら無料で専用アプリで即ダウンロードOK

登録 登録

AVVR人気ランキングTOP10

AVVR作品(SOD9月新作)一覧

AVVR担当スタッフのオススメ紹介

  • M寄りのかた向けVR クラスメイトのパンモロミニスカ痴女たちにドギツイ言葉で罵倒されながら
    性欲処理用肉棒として扱われ中に出すまで止めてくれない杭打ちピストンガニ股騎乗位

    私はドMだが痛いのは嫌だ(支離滅裂な思考、発言)。縛られてされるがまま痴女に攻められて気持ちよくなるのは大歓迎だし、自尊心がホバークラフト並みに低空飛行なので罵詈雑言も気にならないが、痛いのも熱いのも御免こうむりたい。要はただひたすら自分に都合のいいセックスがしたいのだが、そういう欲求はVRに叶えてもらうに限る。作品は、私が誰もいない教室で好きな子のリコーダーを拝借し、舐めてオナニーしているところから始まる。すぐに持ち主の女子が入ってきて、「え、それあたしの!」「変態!」と動揺し、泣き出す。続いて女友達二人も入ってきて逃げ場を失い、私を被告とした極東オナニー裁判が開廷となる。「何してるんですか、あおい泣いてるんですけど」とはじめは軽蔑されつつも冷静に始まった裁判だが、次第に女子たちはヒートアップ。「その汚ねえチンコ握ってみろ!」「キンタマの精子全部出してみろよ!」「聞こえねえのか!?」女子たちは机を蹴って怒鳴り私を恫喝、教室は人権無視の処刑場に姿を変えた。言われたとおりにオナニー開始すると、「こいつ興奮してんぞ」「ちょー勃ってんじゃん」と大爆笑。床に寝かせられ、ペンでつつかれたりスマホで撮影たり、ヘアゴムでチ○ポに輪投げをしたりとやりたい放題。私は床から三人の女子たちを見上げるアングルになり、もちろんパンツも見えているが、女子たちは動じない。それどころか、「ほら~みたいんだろ?」と見せてくれる。「もっと立たせてみようよ」「興味わいてきた」「こんなパンパンに溜まってるからさ、めっちゃ出るんじゃない?」次第に教室の空気が変わり始めた。私を勃たせることを優先するあまり、シャツをはだけでブラを見せてくれ、今まで手でチ○ポを触るのは拒否していたのに、手コキが始まる。「超糸引いてる」「キモイ!」「うわー」といやいやを装いつつ、一つ一つタブーがなくなっていくのだ。気づいたら女子たち三人もパンツを脱いで、私は寝そべってパイズリされながら、右手で手マン、左手でおっぱいを触る、ハーレム状態が出来上がっていた。VRで三方から自分に迫る女子たちを眺めるのは壮観で、ここまで来るともう完全に奉仕される立場である。豚などの家畜は、一見すると人間に支配・管理されているように見えるが、種の保存の観点では人類を利用しているとも言える。まさに私は、自由を奪われ罵詈雑言を浴びせられているが、快感のために女たちを利用しているブタであった。結局、「お前はうちらのバイブだよ」と言いつつ、順場に本番挿入も行い、最初にリコーダーを舐めたこともセックスできた。「気持ちいいんじゃないの?」「違うし!勘違いしないで」と強がるのが可愛らしいと、上から目線で評論する余裕すら生まれる。Mの人はもちろん、私のようなノンポリの方でも楽しめる傑作です。

    私はドMだが痛いのは嫌だ(支離滅裂な思考、発言)。縛られてされるがまま痴女に攻められて気持ちよくなるのは大歓迎だし、自尊心がホバークラフト並みに低空飛行なので罵詈雑言も気にならないが、痛いのも熱いのも御免こうむりたい。要はただひたすら自分に都合のいいセックスがしたいのだが、そういう欲求はVRに叶えてもらうに限る。作品は、私が誰もいない教室で好きな子のリコーダーを拝借し、舐めてオナニーしているところから始まる。すぐに持ち主の女子が入ってきて、「え、それあたしの!」「変態!」と動揺し、泣き出す。続いて女友達二人も入ってきて逃げ場を失い、私を被告とした極東オナニー裁判が開廷となる。「何してるんですか、あおい泣いてるんですけど」とはじめは軽蔑されつつも冷静に始まった裁判だが、次第に女子たちはヒートアップ。「その汚ねえチンコ握ってみろ!」「キンタマの精子全部出してみろよ!」「聞こえねえのか!?」女子たちは机を蹴って怒鳴り私を恫喝、教室は人権無視の処刑場に姿を変えた。言われたとおりにオナニー開始すると、「こいつ興奮してんぞ」「ちょー勃ってんじゃん」と大爆笑。床に寝かせられ、ペンでつつかれたりスマホで撮影たり、ヘアゴムでチ○ポに輪投げをしたりとやりたい放題。私は床から三人の女子たちを見上げるアングルになり、もちろんパンツも見えているが、女子たちは動じない。それどころか、「ほら~みたいんだろ?」と見せてくれる。「もっと立たせてみようよ」「興味わいてきた」「こんなパンパンに溜まってるからさ、めっちゃ出るんじゃない?」次第に教室の空気が変わり始めた。私を勃たせることを優先するあまり、シャツをはだけでブラを見せてくれ、今まで手でチ○ポを触るのは拒否していたのに、手コキが始まる。「超糸引いてる」「キモイ!」「うわー」といやいやを装いつつ、一つ一つタブーがなくなっていくのだ。気づいたら女子たち三人もパンツを脱いで、私は寝そべってパイズリされながら、右手で手マン、左手でおっぱいを触る、ハーレム状態が出来上がっていた。VRで三方から自分に迫る女子たちを眺めるのは壮観で、ここまで来るともう完全に奉仕される立場である。豚などの家畜は、一見すると人間に支配・管理されているように見えるが、種の保存の観点では人類を利用しているとも言える。まさに私は、自由を奪われ罵詈雑言を浴びせられているが、快感のために女たちを利用しているブタであった。結局、「お前はうちらのバイブだよ」と言いつつ、順場に本番挿入も行い、最初にリコーダーを舐めたこともセックスできた。「気持ちいいんじゃないの?」「違うし!勘違いしないで」と強がるのが可愛らしいと、上から目線で評論する余裕すら生まれる。Mの人はもちろん、私のようなノンポリの方でも楽しめる傑作です。

    ■名前:亀頭戦士:(WEBスタッフ)
    ■略歴:エクセルのスキルを活かせる職場を探していたはずなのに、気づいたらVRのAVの感想を書くことになっていた。
    ■好きなジャンル:友達同士
    ■一言:あなたが現実だと思っているものは本当に現実なのか?VRの世界が現実ではないのか?

ナチュラルハイのVR作品はコチラ

K.M.ProduceのVR作品はコチラ



pagetop

ソフト・オン・デマンド情報ポータルサイトへ
Copyright © SOFT ON DEMAND All Rights Reserved.